2017年3月18日土曜日

母になる②妊娠後期〜入院当日

幸いなことに経過は順調で出血もなく、妊娠後期を迎えることができた。胎盤はまだ上がらないまま。子宮口(赤ちゃんが出てくるところ)をがっつり塞いでいるらしい。このままだとやはり普通には産めない。赤ちゃんより胎盤が先に出てきてしまう可能性があり、そうなると胎盤から赤ちゃんに酸素が送られなくなるので、最悪の場合酸欠で死んでしまうからだ。また、多量の出血が見込まれるため、母体も命の危険にさらされる。そういったリスクをなるべく少なくして出産できる方法が帝王切開と言うわけだ。

妊娠9ヶ月に入ろうかという頃、帝王切開での出産に備えて貯血をスタート。貯血というのは自分の血を輸血バッグに予め取っておいて、手術での輸血に備えておくことだ。一週間ごとに400ml、これを三週間行い計1200mlの貯血を行った。貧血を抑えるために鉄の薬を飲みながら、これを頑張れば、もうすぐ赤ちゃんに会える…!と、どきどきわくわくしながら貯血に通った。

そして12月、2016年も終わりに近づき始めた頃、出産予定日(帝王切開実施日)を主治医の先生と決め、諸々の手続きに追われながらあっという間に大晦日。予定日は1月11日になった。

2017年、年が明ける。もうすぐ会えるのが嘘みたいだね〜なんて言いながら部屋を整えたり、必要なものを確認したり、夫婦で穏やかな日々を過ごす。

そして入院当日。病院の個室からは東京タワーとスカイツリーが見えた。
私、ここで赤ちゃんを産むんだな、この景色は一生忘れないだろうなと思った。

母になる①妊娠〜転院

ずっと更新できずにいました。
1月11日、元気な男の赤ちゃんを産むことができました。
今は出産前の自分を少しずつ取り戻し、こうやってまたここに文章を書くことができるようになりました。

妊娠も出産も人の数だけありますが、私の出産は当初自分が思い描いていた、いわゆる普通の出産ではなかったことをここに記録しておきたいと思います。

2016年9月、安定期に入り6ヶ月になろうかという時に通院していたクリニックでの健診時に胎盤の位置が低いのと臍帯(へその緒)が胎盤から外れて卵膜を走っている可能性があるので今すぐ大きな病院に転院して下さい、と言われる。また、それに伴い考えられる怖いことを色々聞かされる。それまでが本当に順調な妊娠生活だったので、訳も分からない頭真っ白のまま紹介状を握りしめてクリニックを出た。不安で泣きそうになるのを必死にこらえて自宅へ帰ったことを今でも鮮明に覚えている。

紹介先の大病院での初診。期待と不安が入り交じっていた。どきどきしながらエコーを受ける。担当の先生が終始にこやかに健診してくださる。
「赤ちゃんはとても元気で問題ないです。あとは胎盤の位置。このまま胎盤が上がらなければ帝王切開での出産になります。それと臍帯が卵膜から出ている可能性。どちらも今すぐ何かできるものではないので経過を見ていくことになります。不要な遠出はやめて下さい。もし出血があった場合はすぐ管理入院になります。今日はこの後うちの病院で出産する手続きをして帰って下さい。」

「赤ちゃんはとても元気で問題ない」「帝王切開であれば産める」
もう私の気持ちは前向きになっていた。日常生活で無理をしないように過ごし、経過さえ順調であれば赤ちゃんに会える…!大丈夫!!
この子を絶対に無事外の世界に出してやるんだ、そう強く決心した。